本文へスキップ

幸せの創出、社会の革新・発展に貢献する ご相談は魔法Meへ

電話でのお問い合わせは03-3896-1933

〒123-0841 東京都足立区西新井6-18-17旭ビル3F

Webマーケティングの変容

ソーシャルメディアの浸透

Webマーケティングが大きく変容した要因
ユーザーの消費行動の変化に伴って、またソーシャルメディアやスマートフォンの普及によって、Webマーケティングの方法や施策内容も大きく変化しています。

従来のWebマーケティングは、マスマーケティング時代いかに情報をマス媒体に乗せて消費者に届けるかが重要だったように、Webを使っていかに情報をたくさんの消費者に届けるかが重要視されていました。

企業は消費者を例えば、20〜34歳女性、というように年齢や性別でいくつかのセグメントに分け、一つの塊と捉えて情報を発信してました。ですから企業はより多くの消費者を集めるWeb サイトのバナー広告の購入や、よりたくさんのユーザーにメールマガジンを届けるためメールアドレスを集めることに注力してました。

しかし先述の通り消費者が企業からの一方的な情報に疑いを持ち始め、消費者同士の情報も参考にし始めるなど情報に選別的になるとこれまでのWebマーケティングは通用しなくなりました。

企業は消費者にまず共感してもらえる存在になり、それから消費者と一緒にブランドを作り上げつつ情報提供していくことがWebマーケティングで必要になりました。

そうした中、ソーシャルメディアは消費者が企業の商品やサービスの情報を発信していく場として重要な存在になったのです。



ソーシャルメディアと浸透で細やかなwebマーケティングが可能に!
Webマーケティングが大きく変容した要因の1つに「個人の行動データの捕捉と蓄積」という点が挙げられます。企業も消費者を年齢や性別でセグメント化してマーケティングをすることの限界に以前から気づいていましたが、ソーシャルメディアの浸透で消費者が日々の行動や感情を大量に記録するようになると、そうしたデータがネット上に大量に蓄積されました。

これによって企業は個人の行動データまでが捕捉、蓄積できるようになり、よりきめ細やかなwebマーケティングが可能になったのです。


さらにはスマートフォンの普及によって、消費者の行動データはネット上だけでなく、リアルの場でも取れるようになりました。ソーシャルメディア上では消費者が日々発信する大量のつぶやき、写真データが蓄積されています。こうしたデータはこれまでは取得できなかった「企業の施策に対する反応」を個人別に判別することを可能にし、広告効果を測定できるようにしました。

また、行動データがリアルの場でも捕捉できるようになったことで、Webマーケティングはネットとリアルの場をつなぐようになり、リアルの場でのマーケティングにも影響を及ぼす様になったのです。


“エゴサーチ (egosearching) とは、インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名で検索して自分自身の評価を確認する行為のことである。エゴサーフィン (egosurfing) ともいう。(wikipediaより引用)”

今ではネット上に蓄積された膨大な情報から自分のブランドや企業名、個人名など特定の情報や口コミなどを狙って取得できる環境が整っています。

Twitterの検索欄からでも簡単にエゴサーチは行うことができますが、複数のアカウントから一括してキーワードを検索してくれるサービス「mention」なんかもあります。



行動データの把握

内装1

エゴサーチ、自身の評価を確認する