本文へスキップ

幸せの創出、社会の革新・発展に貢献する ご相談は魔法Meへ

電話でのお問い合わせは03-3896-1933

〒123-0841 東京都足立区西新井6-18-17旭ビル3F

理想の世界を創るcompany


「会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです。企業をはじめとする組織は、つきつめれば人が幸せになるためにできたもの。幸せの創造こそ、ビジネスの使命だと考えています」。「いい会社をつくりましょう。たくましく、そして、やさしく」。人々に「いい会社」と言ってもらえる企業。社員、取引先、顧客、地域社会など、関与するすべての生活者に愛される企業。企業はたくましくなければ存続できない。しかし同時にすべての人にやさしく、相手を思いやる心が大切だ。経営理念は「社員の幸せを通して社会に貢献すること」。社員の幸せと会社の永続性、そのためにあえて持続的な低成長を志向する。そして社員を信じる性善説の経営により管理コストを下げる。

顧客は自分を幸せにしてくれる商品やサービスに対価を支払う。そして社員は自分を幸せにしてくれる会社に所属したいと熱望する。ビジネスの究極の目標は、その企業を取り巻く人々を永続的に幸せにすることだ。マザー・テレサの名言がある。「大切なことは、遠くにある人や大きなことではなく、目の前にある人に対し、愛を持って接することなのです」。企業にはさまざまなステークホルダー、企業を取り巻く利害関係者が存在しているが、圧倒的に関係性が深いのは人生に深く関与することになる社員だ。社員とその家族、彼ら彼女らを幸せにすることは企業にとって最大の責務と言ってよいだろう。そして価値創造をともにするビジネスパートナー。創造した価値を提供するお客様。会社が存在する地域の住民。長期的に株式を保有する株主。今、あなたの会社は、関係する人々に幸せを届ける存在になっているだろうか。

世界はソーシャルメディアによって透明になっていく。マーク・ザッカーバーグの信念である「アイデンティティはひとつだけ」。企業こそ、この言葉の大切さに耳を傾けるべきだろう。ブランドイメージをお金で買える時代はまもなく終焉する。新しい時代に生き残るのは、社員にも顧客にも、あらゆる生活者に共感と信頼を持たれる企業、ソーシャルメディアに愛される企業のみだろう。今一度、我々は商いの原点に戻って、誰のための会社か、そして何のために会社は存在しているのかを見つめ直す大切なタイミングに来ているのではないだろうか。企業の使命は、関係する人々の幸せを永続的に創造にすること。それを口先だけでなく、行動で示すこと。持続可能な社会を創り上げる一員となり、力をあわせて世界をより良くしていくこと。綺麗事ではない。人々はそんな企業でいたい、そんな企業のために働きたい、そんな企業を応援したいと、きっと心の底から思っているはずだ。


会社経営は「5人に対する使命と責任」を果たす為の活動である。第一は「社員とその家族を幸せにする」。第二は「外注先、下請企業の社員を幸せにする」。第三は「顧客を幸せにする」。第四は「地域社会を幸せにし、活性化させる」。第五は結果として「株主、出資者の幸せ」である。

顧客第一、株主第一という考え方が多いが、会社を継続させるには、何よりも社員とその家族の幸せを第一に置く経営が大事になる。お客様が感動する製品やサービスを提供する当事者は、まぎれもなく社員であり、連携している外注先になる。その当事者である社員が、不平・不満や不信を抱いていれば、顧客様に高い満足を与えることはできない。

この一番から五番の順番を勘違いして経営すると失敗する。会社は継続させることが目的であり、業績を上げるのはそのための手段であろう。

経営は経営者の想いが基点になる。経営者の想いを揺さぶる経営診断が求められる。そのためには経営のあるべき姿を胸に刻んでおく必要がある。

明日へのメッセージ「一日は貴い一生である。これを空費してはならない」(

事業内容


いくら良いコンテンツを提供しても効果的な集客手段が講じられなければ最善な機会を逸失してしまうことになります。 ネット集客としてのSEOテクニックを始め、リアルからネットへ、ネットからリアルへとシームレスに繋がる新しい集客手法の模索を行う中で確立してきた弊社独自の集客ノウハウを元に、目的に応じた適切な集客手法をコンサルティング致します。

SEOといえば「費用が高い」「効果はあるのか?」といった不安を抱えているお客様が多くいらっしゃいます。 弊社は数々の経験と実績から、費用対効果の高い【売上に直結するSEO対策】を行っています。